中学1年生さるく体験記

中学1年「さるく体験」
コース:長崎駅~日本26聖人殉教地~本蓮寺(勝海舟の寓居の地・沢村惣之丞)~聖無動寺(お久の墓)~福済寺(龍馬が逗留)~聖福寺~迎陽亭跡(長崎最初の料亭)~長崎歴史文化博物館
 
原田 優希
 さるくコースを歩いてみて、お寺にも幕末の長崎に深い関わりがあったことを初めて知りました。福済寺は原爆で崩壊したが、また復元されたそうだ。その寺の屋根の上には釈迦像のような大きな像と子供みたいな像が乗っていて、いつ落ちてきてもおかしくないくらいの大きさだった。最後に長崎歴史文化博物館に行って長崎の歴史を学んだ。
 僕は長崎に住んでいますが、長崎の歴史は全く分かりません。夏休みになったら「広報ながさき」に亀山社中などの無料入館券が15枚付いていたので長崎の歴史を学びに行きたいです。
 
竹谷 比呂稀
 本蓮寺の階段がたくさんあり少しきつかったです。家に帰って聞いてみたら、僕のおじいちゃんのお母さんのお墓がある寺だそうです。まさか勝海舟の寓居地と沢村惣之丞の墓があるところに自分のおじいちゃんのお母さんの墓があるとは思いもしませんでした。今回のさるくで回ったお寺の中で一番僕が好きだったお寺は聖福寺です。理由は、お寺の中にあったモモの絵が飾られている所に行った時、ガイドさんから「1つ食べたら1000年長生きできる」という話を聞き、驚いたからです。本当にそんなモモがあったらいいなぁと思いました。今回のさるくで、お寺についてのくわしい話や長崎の歴史を学ぶことができたので勉強になりました。
 
田中 隆斗
 さるく体験で学んだことは龍馬の周りの人々の生活やその時代の出来事、またお寺などに関係する人々の話です。
 僕は勝海舟が住んでいたというお寺を見たときはビックリしました。それは最初の門みたいな所はすごく小さく、「何だこれ?」と思いましたが、中へドンドン入って行くと建物が大きくなっていって、しまいにはとても大きなお寺だったからです。中を見ることができなくて残念でしたが、また時間があるときに行ってみようと思いました。
 お寺などに関する人々の話では、ガイドさんが「なぜモモカステラを3月に食べるか」を教えてくださったので良かったです。僕が通ったお寺にいつも笑っていて大きな袋を持った像がありました。その像はガイドさんの情報によると金運をもたらすそうですが、僕はお金がいっぱいあるよりはだれにでもいつも笑って接することのできる心の広い人になった方が良いと思います。
 さるく体験ではあまり時間がなく、すぐ次に行ってしまったけれど、長崎の歴史をいっぱい学ぶことができてとても良かったです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。