大雪の中で南山高校特別入試

 1月13日(水)南山高校の特別入学試験が行われました。この日は長崎全域で夜半から雪が降り続き、朝起きてみると近年にない大雪です。10㎝以上の雪が積もっていました。学校も雪景色です。こんなに積もったのは1981年の教皇ヨハネ・パウロ2世の長崎訪問以来のように思います。
 このため開始時間を1時間20分遅らせて入試を実施しました。遠くから来ている受験生もいたようですが、全ての受験生が時間までにそろい、入試を実施することができました。
この日は南山中学の3年生も全員、入試に臨みました。よい結果が出て希望するコースに行けることを願っています。
 

冬休み点描

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
年末から年始にかけて、補習やラグビー部の花園応援などで、あっと言う間に時間が過ぎていきました。2010年がよい年でありますように願っております。生徒たちと共に一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。
①『楽天』の藤原投手が来校
 プロ野球の『楽天』の藤原投手が12月28日学校を訪問しました。今年、プロ野球に入ったばかりの藤原投手は、あの野村監督の『楽天』で4勝をあげ活躍しました。藤原投手は南山高校野球部出身です。同期には社会科の吉村先生や英語科の池本先生がいます。特に吉村先生は高校生時代に同じ野球部に在籍し、共にレギュラーとして活躍してきただけに、藤原投手のプロ野球での活躍をとても喜んでいます。福岡ドームで藤原投手の試合があるときはナイターの試合を見に行っておられたようです。この日も学校での藤原選手を何かとサポートしていました。たまたま、職員室前で出会った3年生の佐々尾君、山本君、坂本君は握手してもらいました。
②『花園』で応援
 南山高校ラグビー部が10年ぶり2回目の花園出場を決めました。10年前はクラブの遠征と重なり花園応援に行けませんでしたので、今回はぜひ行ってみたいと思い応援バスに乗り花園へ応援に行ってきました。
 一言で言うと、花園は遠くて、さすが花園と思わせる場所でした。12月29日午後10時に学校を出発。途中大阪城などに寄り時間調整をして、東大阪の花園ラグビー場に翌朝10時に着きました。タイミングよく、南山ラグビー部が花園入りするところに出くわし、応援団全員で選手に声をかけることができました。
 試合は午後1時15分からです。3時間ほど時間があったので会場周辺を回りました。ラグビーの試合ができる芝のグランドが3面、試合前のアップができる芝のグランドも2面ありました。ラグビーの殿堂にふさわしい場所でした。
 会場周辺は大変な人だかりです。朝のラッシュアワーの駅のような雰囲気です。人をかき分けて進みます。回りにはおみやげ物を売る店が臨時にたくさんできています。学校名の入ったペナントやストラップ、ラグビーシャツやタオルなど様々なグッズが売ってありました。タコ焼きやうどんなどの食べ物を売る店もたくさんありました。私は南山のロゴのはいったラグビーシャツの模型が付いたストラップを買いました。来年の3Tウォークの賞品にしようと何個か購入しました。
 試合が始まると最前列にラグビー部の部員と応援の高校生が並び、声を上げて応援します。その声に合わせて約500人ほどの応援団が一緒に声を揚げます。試合は64対6で快勝でした。たくさんのラグビー部保護者や先生方と、関西に住む南山OBの方々も応援に加わっています。その中に二十数年前の教え子がいました。濵口吉宏君、濵口清君の兄弟です。濵口清君は私が南山に赴任して初めて担任をしたときの生徒でした。いま42歳になるそうです。向こうから声をかけられないと気づかなかったくらいにおじさんになっていました。彼からも「谷﨑先生らしき人がいるなと思って声をかけました」と言われてしまいました。卒業以来会っていませんから、お互いにずいぶん変貌したものです。行き帰りのバス移動は大変でしたが、教え子にも会えて、素晴らしい試合を観戦することができて、楽しい応援ツアーでした。

※写真中央がおじさんにあたる濵口神父様右が濵口清君です。左は濵口吉宏君
※中学時代の清君
③入試を前に頑張る3年生
 今年の冬休みも12月28日まで5日間の補習を全学年で行いました。その後も年末は30日まで、年始は4日から3日間、3年生を集めて学校で勉強しました。ほぼ全員が学校に出てきて勉強しました。本番まで後わずかです。この頑張りが1月の高校入試の成績につながることを期待しています。