3Tウォーク

 12月21日(月)全学年で3Tウォークを行いました。3Tウォークとは、みんなで長距離歩行を体験する行事です。積極的に挑戦しよう・心身を鍛えよう・みんなで協力して歩こうという趣旨を示すTRY・TRAINING・TOGETHERの頭文字が、『T』なので3つ集めて『3Tウォーク』と名付けました。
 前日までの雪まじりの天候から一転、晴れ間が見える天気に恵まれ、24㎞の道のりを生徒たちは元気に歩き通しました。今年のコースは西山台・中尾ダムコースです。アップダウンが多い道ですが、一人の落伍者もなく全員元気に歩きました。途中、道路沿いに落ちているごみ拾いをしながら、目標タイム5時間を目指し学校まで歩きます。
 お母さん達にも誘導やうどん作りなどで協力していただきました。一緒に歩かれたお母さん方も3名おられました。また、今年もOB保護者の江崎さんが歩かれました。江崎さんは今回で16回目の参加になるそうです。普段から歩かれているようです。余裕の歩きでトップでゴールされました。
 全学年縦割りで7~8人のグループ16班を作り、ゼッケンを付けて歩きます。3年生のチームリーダーが下級生をまとめて歩きます。理想的な行動、理想的なタイムで完歩したグループには、賞品が準備されまし。
 5時間ちょうどで入ったグループが2班、5時間前後5分以内のグループが5班。ごみもごみ袋30個分集めました。学校に到着するとお母さん方が準備してくれたうどんをいただきました。一人4杯食べた生徒もいました。食事のあとはごみの分別をした後、表彰式を行いました。どのグループも素晴らしかったのですが、坂本・佐々尾グループが1位、林田・藤岡グループが2位、佐竹・土屋グループが3位、三嶋・光島・渡邉グループがベストグループ賞、そして個人で一番頑張った人に与える谷﨑賞を3年生の大窄 翔君が授賞しました。
 今年の3Tウォークは昨年以上に素晴らしいものになりました。それはごみ拾いを全員で行うことが定着したことです。来年のコースは「女の都・堂崎コース」です。たくさんの保護者の方や先生方の協力で成り立つ行事です。来年もよろしくお願いいたします。
 
広告