中学サッカー部 市新人戦で6年ぶりの優勝!

 今回中学サッカー部が長崎市中総体新人大会において見事6年ぶり3回目の優勝を果たしました。県大会・九州大会においても活躍を期待しています。監督の浅田先生のコメントを掲載致します。
 修学旅行の翌日から2日間連続で試合という強行日程でしたが、選手達が本当によく頑張ってくれたと思います。選手達が立てた無失点での優勝という目標も達成できて本当によかったと思います。6年ぶりという久々の優勝でしたが、その間に流した涙や汗の量ははかりしれないものがあります。そういうOBやOBの保護者達の思いもつまった優勝です。また、試合に出場した選手だけでなく、応援で声を枯らして声援をおくった部員達や保護者の方々、全ての人達が一つになった優勝です。いつもうまくいっても準優勝で、「惜しかったなー」でなぐさめられて終わっていましたが、今回は優勝してみんなで喜びをわかちあえて本当に嬉しく思います。本番の長崎市中総体ではサッカー部だけでなく全校生徒で一つになって優勝の喜びを分かちあえるようにまた精進していきたいと思っております。今まで勝てなかった間ずっと支えて下さった方々本当にありがとうございました。

 

広告